スポンサーサイト

  • 2017.04.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ■「少難妄想族日記 ふぁいなる」by 片山 紀彦

    • 2017.04.02 Sunday
    • 08:36

    スプリング・エフェメラル=春の儚(はかな)きものたち、或いは春の妖精と呼ばれる野の花達をご存知ですか ?
    会津の里山でもよく見ることの出来るフクジュソウやカタクリ、イチゲやのエンゴサク仲間などがその代表で、多くは落葉広葉樹林の林床に生え、樹木の葉が茂る前、林床に太陽の光がよく届く時期に光合成を行い栄養を蓄え、樹木が葉を着け光が届きにくくなる初夏には地上から姿を消し来春まで休眠するという技を身に着け生き抜いてきた植物達です。


    写真は3月16日会津美里町の里山に芽を出したカタクリ。

    (花の写真は昨年の撮影)カタクリは種から7〜8年を経てやっと花を咲かせます。
    2011年3月、この場所も汚染され、低線量とはいえ今尚このカタクリは被ばくし続けています。電気の恩恵など何一つ受けていない野に在る命たちは、いったい何を思い7回目の春を迎えているのでしょうか。


    さて、僕らの足元で20年も心ある花を咲かせてきたメリランが、残念だけどその花を閉じる。でも変酋長の蒔いて来た平和の種は、いつかきっと新しい芽を出し、より美しい花を咲かせるだろう…そう信じています。このカタクリのように。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.02 Sunday
    • 08:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM